トップへ戻る メニューに戻る

林フィッシングクラブ
平成16年度大会成績

第一回大会へ      第二回大会へ

第三回大会へ      第四回大会へ

第五回大会へ      第六回大会へ

第七回大会へ      第八回大会へ

第九回大会へ      第十回大会へ

 新春臨時大会へ     離島臨時大会へ

            No.1

第一回大会 4月4日  宮野 〜 太田
このページのトップヘ
  身長賞    赤田 鉄蔵  アブラコ  51.0p
 優   勝 
 赤田 鉄蔵   900点
 第 二 位 
 安田 茂雄   760点
 第 三 位    石塚   進   748点
 第 四 位    山田 幸司   742点
 第 五 位    小野寺 弘   739点


左から第2位の安田さん、優勝の赤田さん、第3位の石塚さん
32名乗せ、まずまずの天気の中、バスは現地に向かう。 現地、宮野もまずまずの天気だが、波が2〜3枚ほどあり、平磯は無理な状態であった。
 バスから降りる際、海の状態も確認出来なかった人は、安全な釣り場を見つけるのに大変であった。
 そのな中、帆越に入った赤田さんが51pのアブを手にし、優勝と身長賞に輝いた。

 そんな、林の始竿会だった。

No.2
第二回大会 4月25日  貝取澗 〜 元和
このページのトップヘ
 身長賞    熊倉  誠  アブラコ  45.7p
 優   勝 
 菅原 憲一   775点
 第 二 位 
 熊倉   誠   761点
 第 三 位    玄長 幸雄   743点
 第 四 位    宮本   茂   717点
 第 五 位    石塚   進   688点


左から第2位の熊倉さん、優勝の菅原さん、第3位の玄長さん
天気があんまり良くない予報の中、波み具合を気にしながら参加者27名を載せ、バスは現地に向かう。
 現地では天気は良かったが、西の風が強く、また、波も2〜4枚と荒く、前回同様平磯は無理な状態であった。
 バスから降り、釣りが出来る場所を探すのに、おっちこっち、やっと釣り場を見つけて竿をだすが、風、波に泣く人が多かった。
そのな中、黒岩に降りた菅原さんがカジカにアブを粒ぞろいで揃えて優勝、相沼に降りた熊倉さんが身長賞になったアブを釣り第二位、西浜に降りた玄長さんがカジカとアブを揃えて第三位であった。

No.3
第三回大会 5月16日  須築港 〜 鵜泊港
このページのトップヘ
 身長賞    山田 幸司  ホッケ  42.2p
 優   勝 
 赤田  鉄蔵   824点
 第 二 位 
 久木  利光   743点
 第 三 位    高砂喜代一   732点
 第 四 位    太田   告   713点
 第 五 位    山田  幸司   690点


左から第2位の久木さん、優勝の赤田さん、第3位の高砂さん
波み具合を気にしながら参加者26名を載せ、バスは現地に向かう。
 現地では、前回とは違って、天気、風、波もまあまあだったが、明け方より雨が降り、雨具の準備をしてなかった人は、濡れながらの釣りとなった。
 三本杉岩に入った赤田さん40p前後のアブ、カジカ等を揃えて優勝、同じく三本杉岩に入った久木さんもアブ、ホッケを揃えて二位、高砂さんは五目釣りで三位の成績だった。
 日本海はこれで終了し、次回は太平洋になり、歌別〜庶野です。
No.4
第四回大会 6月 6日  歌別 〜 庶野港
 身長賞    原田  義行  アブラコ  50.0p
 優   勝 
 原田  義行   1075点
 第 二 位 
 太田   修    939点
 第 三 位    松本  広幸    868点
 第 四 位    熊倉   誠    833点
 第 五 位    小野寺  弘    830点


左から2位の太田さん 優勝の原田さん 3位の松本さん
今回より太平洋に移り、バスもトイレ付きのリムジンで、トランクも通常の倍の広さになりました。
そんなリムジンバスに乗りエリモに向かう。雨もなく、絶好の天気での大会で、原田さんは千平に降り、潮の引くのを待って前に出て、アブラコの50pを頭にカジカなど揃えてダントツの優勝、 2位の太田さんは庶野で45.5pのアブを頭にカジカ等揃えて第二位、 3位の松本さんも庶野でアブを釣りあげて第三位でした。
                                  このページのトップヘ
No.5
第五回大会 7月 4日  十勝港 〜 目黒港
 身長賞    長尾 全祐  アブラコ  49.3p
 優   勝 
 高砂 喜代一   797点
 第 二 位 
 長尾  全祐   791点
 第 三 位    太田   告    768点
 第 四 位    中山   明   704点
 第 五 位    若松  伸一   696点


左から2位の長尾さん 優勝の高砂さん 3位の太田さん
第5回大会は、天気は良かったが台風の余波で、うねりが大きく、平盤には入る事が出来なかった。
打てそうな所を求めてあっちこっち歩き、最終的には、漁港組が上位に輝いた。
十勝港に入った高砂さんがアブラコ、カジカを揃えて優勝、目黒港に入った長尾さんが粒揃えのアブラコを揃えて第2位、同じく目黒港に入った太田さんもアブラコを揃えて第3位となった5回大会でした。
                          このページのトップヘ
No.6
第六回大会 9月26日  エリモ港 〜 トセップ
 身長賞    太田  告  アブラコ  44.2p
 優   勝 
 菅原  憲一   907点
 第 二 位 
 太田   告   891点
 第 三 位    前田 政光    841点
 第 四 位    原田 義行   840点
 第 五 位    小野田 弘   808点
今大会の優勝者の写真は御座いません。
撮ってません。ごめんなさい!
第6回大会は、天気は良く、波もまあまあの絶好の中、それぞれ大物を求めて狙いの場所に入る。 狙いの場所に入るが、大物が釣れなく、あっちこっちに移動。
 そんな中、狙い場所のフンコツに降りた菅原さんが、40.7pのアブを頭に、まあまあのサイズのものを粒揃えて優勝、旗場のサキに降りた太田さんが44.2pのアブを手にして、身長賞と第2位に輝いた、オノドリに降りた前田さんが42.8pのアブを手にして第3位となった6回大会でした。
 
                           このページのトップヘ
No.7
第七回大会 10月3日  三石港 〜 エリモ港
このページのトップヘ
   身長賞    山田 幸司  カジカ  49.4p
 優   勝 
 原田  義行   799点
 第 二 位 
 山田 幸司    736点
 第 三 位    太田   告   706点
 第 四 位    熊倉   誠   588点
 第 五 位    池田 宏司   508点


左から2位の山田さん、優勝の原田さん、3位の太田さん
第7回大会は、台風接近、夜明け頃にはエリモ付近を通過見込みでの大会となったが、現地では風は多少あったものの、時たま青空の出てくる絶好の天気、また、波もまあまあの状況で、台風の風、高潮が避けられそうな場所を選定、各自狙い場所入るが、大会終了まで天気は良好の状態だった。
 そんな中、西中山に降りた原田さんが、42.8pのアブを頭に、まあまあのサイズのものを粒揃えて優勝、エンルムに降りた山田さんが49.4pのカジカを手にして、身長賞と第2位に輝いた、三石に降りた太田さんが45.2pのカジカを手にして第3位となった7回大会でした
No.8
第八回大会 11月7日  入船港 〜 冬島港
 身長賞    阿部 政行  カジカ  45.5p
 優   勝 
 菅原  憲一  1054点
 第 二 位 
 今溝  徳光   951点
 第 三 位    阿部 政行   875点
 第 四 位    坂本   敏   839点
 第 五 位    原田 義行   839点


左から2位の今溝さん、優勝の菅原さん、3位の阿部さん
第八回大会は、天気は良好だが、魚が釣れず移動、また移動、やっと魚らしきものを手にするが、後が続かずに、ハゴトコを入れてやっと規定本数5本をキープするが、入れ替えが出来ずに終わった大会でした。
                         このページのトップヘ
No.9
第九回大会 11月28日  善光寺〜礼文華漁港
このページのトップヘ
   身長賞    松本 広幸  アブラコ  49.0p
 優   勝 
 竹林 照夫    885点
 第 二 位 
 太田   告   884点
 第 三 位    中川 貴雄   797点
 第 四 位    松本 広幸   757点
 第 五 位    桜田 良夫  752点


左から2位の太田さん、優勝の竹林さん、3位の中川さん
第九回大会は、大しけ強風により、場所を変更、一番条件の良い善光寺から礼文華港で行った。天気は良好だが、風が強く、時折雪の降る寒い中での大会で、魚が釣れずに移動、また移動、やっと魚らしきものを手にするが、後が続かずに入れ替えが出来ずに終わった大会だった。
No.10
第十回大会 12月12日  久遠港 〜 熊石港港
 身長賞    宮本 光二  ホッケ  49.5p
 優   勝 
 泉   清志  753点
 第 二 位 
 宮本 光二  742点
 第 三 位   塚田 信義  722点
 第 四 位   赤田 鉄蔵  690点
 第 五 位   太田   告  658点


左から2位の宮本さん、優勝の泉さん、3位の塚田さん
第十回大会もまた大しけ強風により、場所を変更、久遠港から熊石港で行った。天気は良好だが、時折風が強く、波も多少あっての寒い中での大会で、しけ後のせいか魚があまり釣れなかった納竿であった。 帰りには、温泉に入り、昼食を取り暖まって帰って来ました。
                        このページのトップヘ
NO.11
新春臨時大会 1月25日  貝取澗 〜 熊石港         審査方法  1尾身長+5尾重量
このページのトップヘ
  身長賞    今溝  徳光  アブラコ  40.0c   
 優   勝 
 山田  幸司    660点
 第 二 位 
 今溝  徳光    616点
 第 三 位    木原  信一    603点
 第 四 位    石川  勝康    603点
 第 五 位    府恵野輝光    599点 
今大会の優勝者の写真は御座いません。
撮ってません。ごめんなさい!
No.12
離島臨時大会 6月12〜13日  利尻島全域  
対象魚種:アブラコ、カジカ、ホッケ、ソイ、ハチガラ、カレイの6魚種
審査方法  1尾身長
魚  種 優    勝 第 二  位 第  三  位
アブラコの部  山田  幸司  50.6p  堂上   治雄  49.0p  熊倉   誠 47.0p
カ ジ カの部  阿部  政行  53.0p  遠藤  安俊  50.0p  小野寺 弘 43.0p
ホ ッ ケの部  山際十四男  46.0p  原田  義行  43.5p  竹林 照夫 42.5p
ソ  イ の 部  山田  孝行  40.0p  安田  茂雄  37.1p  赤田 鉄蔵 37.0p
ハチガラの部  関井  孝広  34.0p  府栄野 輝光  31.0p  松本 広幸 30.2p
カ レ イの部  池田  宏司  43.0p  熊倉  定雄  41.0p  前田 政光 39.0p
参加者34名を乗せリムジンバスは札幌出発、札幌では晴れていたが、利尻に渡ると小雨が降り出し、場所によっては朝方まで雨の所があった、また、全然雨に当たらない所もあり、波もベタでの状況の中、大物を求め目的地に降り、竿を出した。
 政泊付近に降りた阿部さんや遠藤さんが50pオーバーのカジカを揃えて、カジカ部では優勝と第2位となった。また、アブラコの部では、山田さんがホロフンベ付近で50.6pを上げて優勝となった。
 全体では、50pオーバーが3本程度上がったが、他は並みサイズで、数も以前とは違ってあまり多く上がらなかった利尻島臨時大会であった。


優勝の皆さん上段左からカジカの部 阿部さん、ソイの部 山田(孝)さん、カレイの部 池田さん
下段左からハチガラの部 関井さん、アブラコの部 山田(幸)さん、ホッケの部 山際さん




ハチガラの部 関井さんカジカの大物も上げた



アブラコの部 山田(幸)さんタコも上げていた
トップへ戻る このページのトップヘ