トップへ戻る メニューに戻る

林フィッシングクラブ
平成17年度大会成績

第一回大会へ      第二回大会へ

第三回大会へ      第四回大会へ

第五回大会へ      第六回大会へ

第七回大会へ      第八回大会へ

第九回大会へ      第十回大会へ

 新春臨時大会へ     離島臨時大会へ

             No.1

第一回大会 4月 3日  宮野 〜 太田
このページのトップヘ
身長賞  中山 明 アブラコ 44.3p

左から第2位の山田さん、優勝の塚田さん、第3位の菅原さん
優 勝   塚田 信義   712点
第二位   山田 幸司   686点
第三位   菅原 憲一   645点
第四位   小野寺 弘   644点
第五位   遠藤 安俊   637点
 参加者28名を乗せ、まずまずの天気の中、バスは現地に向かう。
 現地、宮野は小雨がふっていた。そんな中、それぞれの釣り場に降りる。
 太田側は波が大きいが、宮野側は凪の状態で、朝頃には雨もやみ、いい状態になった。
 久遠漁港付に近降りた塚田さんが、41pのカジカをあたまに、カレイ、ホッケを手にして優勝、身長賞に輝いた中山さんは、第二富磯付近で、44.3pのアブを手にした。
 そんな、林の始竿会だった。
No.2
第二回大会 4月24日  宮野 〜 元和
このページのトップヘ
身長賞  今溝 徳光 アブラコ 47.3p

左から第2位の久木さん、優勝の石川さん、第3位の今溝さん
優 勝   石川 勝康   903点
第二位   久木 利光   840点
第三位   今溝 徳光   796点
第四位   桜田 良夫   726点
第五位   菅原 憲一   714点
 参加者28名を乗せ、みぞれの天気の中、バスは現地に向かう。
 現地、宮野は晴れで、絶好の天気だが、低気圧のせいか波が高かった。
 目的の釣り場に降りるが、波が大きく苦戦、明け方には波もおさまり絶好の状況となったが、魚がいなかった。
 ホッケはもう終わった感じがした二回大会だった。
No.3
第三回大会 5月22日  大阪屋ドライブイン 〜 瀬棚港
このページのトップヘ
身長賞  赤田 鉄蔵 アブラコ 47.6p

左から第2位の加藤さん、優勝の菅原さん、第3位の赤田さん
優 勝   菅原 憲一    832点
第二位   加藤比斗志   811点
第三位   赤田 鉄蔵    807点
第四位   山田 幸司    793点
第五位   府栄野周一   787点

 今年最高の天気の中、31名の参加者を乗せ、バスは現地に向かう。
 現地も絶好の天気、波も風もなく最高の状態、目的の釣り場に降りる。
 瀬棚、ダルマ岩、狩場付近等におりた人が、上位を占めた第三回大会だった。
No.4
第四回大会 6月 5日  歌別 〜 庶野港
このページのトップヘ
身長賞  菅原 憲一  カジカ 50.0p  優勝者の写真は御座いません。
優 勝   菅原 憲一  1048点
第二位   太田  告    937点
第三位   長尾 全祐   858点
第四位   山田 幸司   824点
第五位   赤田 鉄蔵   780点
 今大会から太平洋になり、久々の太平洋は天気はまあまあであったが、しけで、竿の出せる所を見つけるのに大変な状態だった。
 そんの中、あっちこっち拾い歩きしていた 菅原さんが50センチのカジカを手にして、見事に優勝した第四回大会だった。
No.5
第五回大会 7月 3日  エリモ港 〜 庶野
このページのトップヘ
身長賞  小野寺 弘 アブラコ 45.2p

左から第2位の桜田さん、優勝の赤田さん、第3位の小野寺さん
優 勝   赤田  鉄蔵  1031点
第二位   桜田  良夫   917点
第三位   小野寺  弘   859点
第四位   塚田  信義   823点
第五位   府栄野輝光   823点
 参加者21名を乗せ、バスは現地に向かう。現地は天気等も良く最高の状態だったが、場所によりうねりがきつい所があった。
 そんな中、エリモ岬近辺、千平近辺、東洋近辺に降りた人が大物を手にし、上位をしめた。
 この時期としては、昆布が少ないせいか、数も釣れず、あんまり良い結果ではなかった。
No.6
第六回大会 10月 2日  庶野 〜 十勝港
このページのトップヘ
身長賞  阿部 政行 アブラコ 47.5p

左から第2位の原田さん、優勝の佐川さん、第4位の阿部さん

優 勝   佐川 俊明    753点
第二位   原田 義行    665点
第三位   遠藤 安俊    651点
第四位   阿部 政行    631点
第五位   塚田 信義    594点
久々の大会、大物を胸にバスは現地に向かう、天気はまあまあだが、波2メートル、現地の波はきつく、平磯には入れる状態でなく、釣り場所を求めてあっちこっち動き、やっと魚を手にするが小さい。水温は高かったせいか?
全体でも良くなかった結果だった。
No.7
第七回大会 10月30日  歌別 〜 音調津
このページのトップヘ
身長賞  山田 和幸 アブラコ 54.2p

左から第2位の長尾さん、優勝の塚田さん、第3位の原田さん
優 勝   塚田 信義  1015点
第二位   長尾 全祐   939点
第三位   原田 義行   902点
第四位   堂上 治雄   895点
第五位   竹園 正勝   874点
天気予報では、エリモ方面は雨、波3メーターの中、バスは31名の参加者を乗せ現地向かう。
エリモに近づくにつれ風が強く、波もあり、歌別からエリモ岬の間では竿を出せる状態ではなく、皆さんはルーランから音調津の間で降りた。
岬を交わすと風もなく、天気良し、波はまあまあで、絶好の状態の中、音調津に降りて歩き回りアブ、カジを手にした塚田さんが優勝した大会だった。
No.8
第八回大会 11月13日  東静内港 〜 旭漁港
このページのトップヘ
身長賞  宮本 光二 カジカ  46.5p 

左から第2位の菅原さん、優勝の宮本さん、第3位の中村さん
優 勝  宮本 光二   987点    
第二位  菅原 憲一   585点
第三位  中村 廣子   580点
第四位  赤田 鉄蔵   542点
第五位  塚田 信義   374点
今年度最後の太平洋の大会となり、大物を目指して、強風波浪警報が発令されている現地に向かう。
現地は波が多少あるが、風もあんまり無く、絶好条件、大物を狙って竿を打ち返すが、いっこうに釣れない。
明るくなって海を見ると、水は泥水に近いほど濁っていた。
これなら魚もいない、前日のしけのせいか?そんな中、歩き回った宮本さんが45〜46のカジカ、アブを手にして優勝した大会だった。
No.9
第九回大会 11月27日  文珠 〜 松前港
このページのトップヘ
身長賞   樋口 昭雄 カジカ  50.8p

左から第2位の府栄野さん、優勝の樋口さん、第3位の長尾さん
優 勝  樋口  昭雄   1016点 
第二位  府栄野輝光    881点
第三位  長尾  全祐    837点
第四位  竹迫  幸男     819点
第五位  太田    告     813点
久々の日本海、小雨の降る中、大物を求めて目的場所に降りるが、波が高めで竿が出せない状態、また、明るくなったらあたりが止まった。
そのな中、樋口さんは目的場所で50オーバーのカジカ、アブを手にして優勝、ベテランの力を見せつけられた大会だった。
No.10
第十回大会 12月11日  久遠 〜 熊石
このページのトップヘ
身長賞   松本 広幸  ホッケ 40.8p

左から第3位の藤原さん、第2位の遠藤さん、優勝の松本さん
優 勝  松本 広幸   649点
第二位  遠藤 安俊   641点
第三位  藤原 文彦   622点
第四位  府栄野輝光   615点
第五位  菅原 憲一   593点
風雪、波浪注意報で大しけ、吹雪、磯では竿を出すことが出来ない状態での釣りとなり、風のあたらない釣りの出来る場所を探しての釣りとなり、漁港に入った人達が上位となった納竿だった。
NO.11
新春臨時大会 1月30日    瀬棚港     審査方法  1尾身長+5尾重量
このページのトップヘ
身長賞  桜田 良夫 アブラコ 44.0p

左から第2位の藤原さん、優勝の桜田さん、第3位の阿部さん
優 勝   桜田 良夫  551点
第二位   藤原 文彦  548点
第三位   阿部 政行  436点
第四位   小野寺 弘  415点
第五位   堂上 治雄  398点
 今年の新春釣り大会は22名参加で、貝取澗〜平田内だったが、途中バスの故障により急遽瀬棚港で実施した。
 瀬棚は猛吹雪で、竿も出されない状態の中、小屋のかげで焼き肉をする人、寒くてバスの中に避難する人、まじめに釣りをする人、
 様々だったが、やっぱりまじめに釣りをした人が優勝となった。
No.12
離島臨時大会 6月11〜12日  利尻島全域  
対象魚種:アブラコ、カジカ、ホッケ、ソイ、ハチガラ、カレイの6魚種
審査方法  1尾身長
        
魚  種 優    勝 第 二  位 第  三  位
アブラコの部   小野寺 弘  50.6p   桜田 良夫  50.5p   遠藤 安俊  49.0p
カ ジ カの部   三好 邦夫  51.3p   府栄野輝光  46.3p    塚田 信義  41.2p
ホ ッ ケの部   中村 廣子  52.0p   上村   豊  44.0p   池田 宏司  40.5p
ソ  イ の 部   堂上 治雄  39.0p   赤田 鉄蔵  37.0p   石塚   進  34.6p
ハチガラの部   松本 広幸  33.0p   山田 幸司  32.5p   該当者なし
カ レ イの部   菅原 憲一  45.7p   原田 義行  40.0p   高砂善代一  38.0p
 今臨時大会も雨風で、条件の良い釣り場を探し大物を狙うが風かひどく、三脚を倒されるなど、ひさんな状態中、鴛泊、本泊、鬼脇などに入った人達が、大物を手にして優勝となった。
 審査時には、雨風がひどく、写真を撮ることが出来ませんでした。
トップへ戻る このページのトップヘ